SS 『とある夜の過ごし方』

少し間が空いてしまいました(^-^;
リリカルなのはSS、第4作です。

パラレルを書いていたのですが、なかなかまとまらないので、先にこちらを投下します。

女性はより強い子孫を残す為に、本能的に自分から遠い遺伝子を見分けるそうです。
それが『匂い』なんだそうです。
好きな人の匂いって落ち着く方、結構いらっしゃるんじゃないでしょうか?
その人の『匂い』が好きというのは遺伝子レベルなんですね(^-^)

因みに余談ですが、父親の匂いに嫌悪を抱くのは遺伝子が近いからだそうです。
奥が深いですね!

そんな訳で、SSはそんな遺伝子レベルのお話です。

よろしければ、追記よりどうぞ!
----------------------------------------------------------

「じゃあ、なのは。行ってくるね」
「うん、行ってらっしゃい」
「ちゃんとご飯食べてね。戸締まりはしっかりするんだよ。あとそれから…」
「ふふっ、フェイトちゃん、心配しすぎだよ」
「いや、だってなにかあってからじゃ遅いし…
とにかく何かあったらすぐに連絡してね!飛んで帰ってくるから!」
「は~い、了解。ほら、それより時間時間」

軽く唇に『行ってらっしゃい』のキス。
それから、リビングの窓際に移動して車が見えなくなるまでお見送り。

今日から約3日。フェイトちゃんは事件の事後処理の為、本局に詰めることになっている。

「そういえば、一緒に暮らし始めてから初めて一人の夜かも」

ソファーに腰を下ろしてコーヒーをすする。
パラパラと雑誌を捲るものの、内容はてんで頭に入ってこない。
時計を見ても数分しか経っていなかった。

「一人の時間の使い方、下手になっちゃったなぁ…」

しみじみ溢してしまう。

「明日も早いし、今日は寝よう!」

半ば強引に自分を納得させ、ベッドに入った。

チクタクチクタク。

時計の針の音が気になってしょうがない。
キングサイズのベッドは一人では大きすぎて落ち着かない。

「ううーん、眠れないよ…」

いつも隣に大好きな人の温もりと匂いがあって。
だから、安心して眠れていたんだななんて、私、すごくフェイトちゃん依存症だ。

「困ったな」

ベッドから体を起こして、どうしたものかと思案していた時、クローゼットが目に入った。

「そうだ!」

クローゼットを開けると、整然と制服が並んでいる。
その中から手際良く1枚のシャツを手に取った。

「何かちょっと自分でもどうかと思うけど、今日ぐらいいいよね?」

いそいそとシャツを持ってベッドの中へ。

シャツを抱き締めて、体いっぱいに空気を吸い込むと、大好きな人の匂いが体中を支配する。

「えへへっ、フェイトちゃんの匂いだ」

あんなに眠れなかったのに、すぐに深い眠りに落ちていった。



「しまった~、忘れ物だよ」

夜も相当耽った頃、急ぎ足のフェイトが戻ってきた。

「さすがになのはも寝てるよね」

真っ暗な我が家で、なのはを起こさぬよう静かに書斎へ。
書類を手に廊下へ出ると、ベッドルームに向かった。

カチャ。

なるべく足音がしないよう、そろそろとなのはに近づいた。
月明かりに照らされる寝顔。
ほんの少ししか時間はないけれど。
ベッドサイドに腰を下ろして髪を撫でる。

「うんっ、フェイトちゃ…」

寝言でも自分を呼んでくれる愛しい彼女。
そのおでこにキスを降らせる。

その時、なのはが何か抱き締めていることに気付いた。

「?」

そぅっと布団を捲って赤面してしまった。

『なのは、これは可愛いすぎるよ…!!』



次の日の朝、目覚めると枕元に1枚のメモが。

『Dear 愛しのなのは
帰って来たら、いっぱい抱き締めてあげるからね
From フェイト・T・ハラオウン』

メモを持つ手が震える。

「うわーん、見られちゃった~!!」

朝からなのはの叫び声がマンション中に響いたのだった。



その頃のフェイトさん。

「ご機嫌ですね、フェイトさん」

副官のシャーリーが声を掛ける。

「まぁね♪」
『早く終わらせてなのはの元に帰らなきゃ』

軽やかなキーボード音。
その様子に

『理由は簡単だけど、仕事が早く終わるのは良いことよね』

少し苦笑いを浮かべる副官であった。

fin

テーマ : 二次創作小説(版権もの
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

秋水

Author:秋水
秋水と書いて「あきみ」と読みます

リリなのシリーズは「無印」からリアルタイムで追いかけています
なのフェイなの
大好きです(*^ ^*)

しかし書き始めると、難しいものですね(^-^;
日々、精進です!
よろしければお付き合いください♪

-------------------------------

ここで掲載している二次創作は、企業・団体・オリジナルの作品とは一切関係がありません
また、当サイトの無断転載・複製・加工等は一切禁止します
あとは、ネットマナーの範囲内でお楽しみいただければ幸いです

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
応援しています!
藤真拓哉・最新情報バナー
リンク
メール送信フォーム
サイト・管理人へのご意見・ご感想はメールでも承っております。SS投稿も受付中!
アクセスカウンター
ブログランキング